医療脱毛とサロン脱毛の違い

知らなかった!医療脱毛とサロン脱毛の明らかな違い!《メリット・デメリット》

医療脱毛

メリット

医療脱毛とは、レーザー脱毛による施術を取り扱っています。
特徴としては、光脱毛よりも強い照射力があります。
また、医療機関にあるクリニックで行なう施術ですので医師や看護師などの医療に携わるスタッフが常勤していますので、万が一の際に備えて適切な処置を行なえます。

 

クリニックでは、高度な出力の医療脱毛を行なう為、脱毛完了までの回数が少ない事が上げられます。
ところが、医療脱毛にもデメリットがあります。

デメリット

それは、クリニックによって照射施術の方法や質が違うという点があります。
光脱毛に比べると施術の料金が高い事や医療脱毛を行なっているクリニックの店舗数が少ないという事が考えられます。

 

有名なクリニックは、首都圏にしかないといった不便さが挙げられます。
また、施術脱毛において、強い痛みを伴う場合が考えられます。

脱毛サロン

脱毛サロン

メリット

脱毛サロンはコース料金が安いという事やキャンペーンなどを常に実施している脱毛サロンが多い為、ワキの脱毛が無料で回数無制限で施術が出来る特典が付く場合あります。

 

また、医療脱毛を行なっているクリニックに比べてお店の数が多いという事が挙げられます。その為、都心に暮らしていない場合で、最寄の脱毛サロンが見つけやすいという利便性が高いのです。
無料カウンセリングも専門の知識をもつプロのスタッフによる説明や接客が親切・丁寧な事に加え、無理な勧誘が殆どないという点が挙げられます。

 

また、痛みを伴わない施術脱毛といった特徴が挙げられます。

デメリット

デメリットは、医療脱毛に比べ照射力が弱い為、サロンによってはデリケートゾーンや顔の産毛の脱毛が対応が困難であるという点が挙げられます。

 

医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いは、「脱毛の照射力の違い」が挙げられますが、結果的に脱毛サロンの方が脱毛において痛みを伴う事が少なく、肌トラブルのリスクの可能性のある医療脱毛に比べると、サロン脱毛の方がより安心で安全な施術を受けられてコストパフォーマンスが良いという事が挙げられます。

 

その為、価格が安くて肌に優しい脱毛を心がけているサロン脱毛の方が利用価値があるといえるでしょう。