脱毛の基礎知識〜脱毛サロンに初めて行く方へ〜

脱毛の基礎知識〜脱毛サロンに初めて行く方へ〜

脱毛するにあたって、最低限抑えておきたい基礎知識があります。
特に脱毛サロンを初めて利用する際、基礎知識を把握しておくと、より適切なプランが見つかりやすくなりますので、いくつかご紹介していくことにしましょう。

脱毛と毛周期の関係性

脱毛する際は、毛周期について理解を深めておく必要があります。
サイクルとしては、休止期退行期成長後期成長期成長初期となっており、脱毛方法によってもかわってきますが、基本的に脱毛が可能なのは成長期のときのみです。

 

また人間の体は、各部位によって毛周期に違いがあります。
例えば、脇の下の場合、成長期が2ヵ月から5ヶ月程度となっていますし、腕は成長期が3ヶ月から4ヶ月、膝下は4ヶ月から5ヶ月程度が一般的です。

 

毛周期は、食生活や生活習慣によっても違ってきますし、体質によっても違ってくるものです。
正しい毛周期理解することによって、おのずと脱毛するベストタイミングが分かってくるでしょう。

脱毛サロンへ通う回数とは

脱毛サロンへ通う際、平均としてどのくらい通えば綺麗になるのでしょうか。
基本的には、個人差があるため一概に言い切ることができないということになりそうです。

 

人によって、どの程度まで綺麗にしたいのか要望に違いがありますし、元々薄毛である場合はそこまで通う必要がないケースも珍しくありません。
とはいえ、あくまでも目安として抑えておきたい回数は存在します。
例えば、6回程度であれば、自己処理の回数がちょっと減るくらいまで効果を実感することが可能です。

 

ほとんど自分で処理したくないレベルまで綺麗にしたいのであれば、10回から15回くらいは脱毛した方が良いでしょう。
更に自己処理が限りなく不要となるレベルまで綺麗にしたい場合は、12回以上は必須となります。

こんなときは脱毛できない?!

脱毛サロンに限らず、肌の状態などによっては脱毛を控えた方が良いことがあります。

肌が荒れている時

まずは、日焼けをしていたり、肌が荒れている時を挙げることができるでしょう。
特にフラッシュ脱毛で無駄毛処理をしている場合は、毛根まで光が届かなくなることから施術を受けることができません。
また、肌荒れだけに限らず、体調が悪いときに脱毛すると、強い痛みを感じたり毛穴などが炎症を起こすことがあるため注意が必要です。

薬を服用している時

また、薬を服用している場合も、脱毛を控えた方が良いでしょう。
日焼けをしたような症状が発生することがあるため、必ず医師に相談してから脱毛することをおすすめします。

生理中の時

それから、生理中の脱毛についても控えた方が無難でしょう。
生理中はホルモンバランスが乱れているため、肌が敏感になってしまい脱毛することによって炎症を起こすことがあります。

 

あまり無理せずに通う事が1番ですね。
もし、少しでも気になる点や心配になった所があったら、ずぐにサロンの方へ相談する事をおすすめします。